勃起力に自信を無くす男性の写真

EDは、勃起不全と呼ばれる病気の一つです。この病気は様々な要因をもとに男性なら誰もがなりえる病気です。もし貴方も自分の陰茎の勃起力に自信がなくなってきたら、一度はEDを疑って自己診断や専門外来の受診をしてみましょう。

ED(勃起不全)になる様々な要因と改善方法

EDになる原因は一つではないので、治療をするときにはまず原因を特定する必要があります。中には、重大な病気を発症させてしまった結果そのような症状になってしまっていることもありますので、その場合には薬の併用も考えて治療を進めていくことが重要になります。実際に、EDの原因が一つではないことは日本の保険制度を見れば一目瞭然です。日本国内の保険制度ではED治療薬に対する保険の適用がありません。これは、原則としてEDは治療の必要性がある病気とは認識されていないからです。例えば、EDの原因と一つとして考えられる要因に加齢が存在します。加齢によって勃起することができなくなった人は、人間が生活をしていく中の自然な流れの中で勃起をすることができなくなったと解釈されてしまいますので、治療の必要性がないものと判断されてしまうわけです。治療をしないと日常生活を送ることが出来ないわけではないので、このような原因の場合には保険の適用がありません。こうした前提を理解すると、ED治療における様々な要因やそれに関する改善方法もよく理解できるようになります。例えば。糖尿病患者やうつ病患者に対してもEDが発症しやすい傾向がありますが、この場合には治療の一環として薬が提供されることもありますので保険を適用させることが出来ることもあります。EDの要因で最も多いのは加齢であり、その次が大きな病気に対する二次的な被害であるためこれらの対策さえきちんとできていれば殆どの場合で治療薬を健全に使うことが出来ます。このように、治療薬にも相性というものがありますので実際に服用するときには患者自身がどのような原因で症状が発症しているのかを自覚しておくことも重要になります。

EDの専門外来で処方される薬の種類と効果

体力と性欲は十分に維持出来てきているが、いざセックスの時間になるとペニスが萎えてしまう、そんな男性はEDになっている可能性がありますので、一度専門家のカウンセリングを受けましょう。まだまだ若いから大丈夫、といった無闇な楽観視は危険です。勃起力の低下はストレスによっても現れますし、20歳から30歳のED患者も現在では少なくありません。幸いな事に街の中にはEDの専門外来サービスが用意されています。オフィス街や一般的なビル街、あるいは主要な駅周辺にも設けられていますので、友達や家族の者に、内緒でカウンセリングと通院が進められます。EDの専門外来で処方されるお薬には、バイアグラとレビトラ、シアリスの三種類が存在します。
それぞれ種類と効果が違っていますので、自分の求める性生活にマッチした商品を手に入れましょう。バイアグラは最も有名な薬です。作用時間は5時間位と、そう長くはありません。しかし使用後30分位でペニスの機能が素早く復活するため、毎晩確実にスピーディな性生活を送りたい人々に最適です。レビトラバイアグラ以上に即効性が高いED治療薬になります。10分から30分位で勃起力が復活し、特に亀頭が非常に固くなりますので、セックスの品質を優先したい方には最適な種類になります。そして、シアリスは前者2つの医薬品より、効き目が優しい薬です。即効性はほとんどなく服用後、1時間から3時間位待たなければいけません。しかし、食事の影響を受けない長所があり、他の医薬品のように食後に飲めない欠点がありません。またシアリスの効果は一度発生すれば、20時間から24時間位、継続します。スロースターターではありますが、週末や連休などの長期間のセックス時にシアリスは適しています。

薬を使わないEDの治療方法について

薬を使わないでEDを治療するためには、精力剤が役立ちます。勃起力を即座に高める作用はありませんが、減退していた精力を復活させることは可能です。年齢を重ねるにつれて、性欲の衰えを感じる方は多いでしょう。これは性行為に対する慣れが一番の原因ですが、血行不良により男性機能が低下している可能性もあります。男性機能は30代に突入すると、顕著に低下してくるものです。下半身の血行が悪くなると、勃起時に陰茎海綿帯を膨張させる力が弱くなります。これを解消するためには、血行を促進していくしかありません。精力剤をおすすめする理由は、副作用の心配がないことです。ED治療薬を使用する場合は、少なからず副作用はあります。最新の薬ほど副作用は弱いですが、これは気づきにくいだけです。安全にEDを治療していくには、薬に頼らない方法がベストでしょう。日常生活で手軽に実践できるED治療には、肥満解消、血行促進などがあります。適正体重を維持することが最大のED予防になるのです。血行を促進させるためには、動脈硬化を予防していく必要があります。高血圧、高血糖、高脂血症などは、いずれも勃起力を減退させます。これらの症状以外でも、生活習慣病と呼ばれるものはEDを促進するので注意が必要です。早寝早起きはペニスを元気にするための基本です。睡眠の質が悪くなると、確実にストレスが溜まってしまいます。過剰なストレスは自律神経のバランスを崩して、心因性のEDを促進してしまうのです。心因性とは日常生活におけるストレス、不安、悩みなどに起因する症状のことです。ストレスを解消するためにも、質のよい睡眠は欠かせません。早寝早起きを習慣とすれば、自然とペニスも元気になっていくものです。